2009年02月04日

東京受験の結果

我が家の中学受験も終りました。
息子は元気に学校に行っています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。

残念ながら
熱望した志望校への願いは叶いませんでした。

直前のSSでも上位に食い込み、
試験の出来もかなり手応えを感じていたため、
本人は合格を疑いませんでした。

私は仕事が立て込み
残念ながら
当日一緒に合格発表を見ることは出来ませんでした。

一緒に合格発表を見に行った家内によると
最寄りの駅で降りて
走るように志望校に向かったそうです。

すでに合格発表の掲示がされており、
自分の番号が無いのを確認すると
また走るように最寄りの駅に戻ったと言います。
後ろでは歓声が上がっていたそうです。

掲示板の前では
不合格で泣いていた子もいたそうですが、
長男は泣かなかったそうです。

『うちに帰ってから思いっきり泣く』
と言ったそうです。

電車の中で
『何で不合格だったんだろう』
というと塞ぎこみ、

家に帰ると泣かずに、布団に入って寝てしまったそうです。

私も不合格の連絡を受けて
早めに帰宅しました。

帰宅すると
家内と長男は布団の中です。

『ただいま』と声をかけると
起きてきました。

『残念だったね。』と肩を抱きしめました。

以前も話したけど、
人生では何度も挫折することがある


ぶーにとっては今回が最初の挫折で
今はとてもとても辛いと思うよ、
お父さんも何度も経験したから。

このことを決して忘れてはいけない。

この辛さを憶えておくことが
次の大きな飛躍につながるんだ。

君がどれだけ努力したかはパパが一番よく知っている。
だから胸を張っていて欲しい。』

『次の機会で頑張れば良いよ。

中学に入ってトップになるだって?

そんな必要はないよ。

人生の中でこんなに集中して勉強することは
そんなに多くはないよ。

今は頭を空にして
中学に入って好きなことを思いっきりしたら良いよ。

君は本当に良くやった。
パパもママも誇りに思うよ。』

と話しました。

『千葉受験合格のお祝いもしていないし、
今日はどこかに食べに行こうか?』
というと

『今日は家族でゆっくりしたい』

というので
ピザを頼んで、皆で人生ゲームをやりました。

こんなところで運を運を使ちゃっていいのかな
などと言いながらも人生ゲームで盛り上がりました。

その後、疲れた大人は家事をやり、
子供達は久しぶりに時間を気にせず、
じゃれあっていました。

最近ずっと9時就寝、5時半起床だった私は
とても眠かったのですが、
ビールを飲みながら、家事を手伝い
今日の様子を家内から詳しく聞きました。

当たり前ですが、
熱望した学校に合格できなかったことは
すぐには忘れられません。

一週間か中学に入学するまでか、
あるいは一生か。

多分一生だと思います。

でも同時に受験の終わった後の
今日の楽しかった日も一生覚えていてくれると嬉しいです。

人生には何度でも挫折する時があり、
その時に立ち上がることを願い、
助けてくれる人が、家族が必ずいるということを
憶えて置いてくれたら嬉しいです。

また彼の周りにそんな人がいたら、
そんな人の気持ちが分かる彼であって欲しいと思います。

拍手する

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。


【広告】Z会ー合格する残り3ヶ月の過ごし方『中学受験合格体験記』を無料進呈中

【広告】絶対受かって欲しい!★オリジナル合格お守り★

【広告】中学受験の国語力アップなら出口汪の通信制論理エンジン。無料体験あります。

【広告】齋藤孝先生監修の作文通信添削「ブンブンどりむ」。無料体験キットプレゼント




まるちばーへの非公開メッセージはこちらからどうぞ


posted by まるちばー at 12:35| Comment(26) | TrackBack(0) | 2009年受験本番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家も第一志望校に振られました。
私も子供も、そのことは一生忘れないと思います。
でも、高い目標があったからこそ今まで苦しいことも乗り越えて来ました。
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
卑屈にならず、胸を張って自分を選んでくれた学校で青春を謳歌して欲しいです。

まるちばーさん、お疲れ様でした。
Posted by みどりむし at 2009年02月04日 13:17
初めてコメントさせていただきます。
千葉の学校、おめでとうございます。
そして、2月校お疲れ様でした。
ウチも2月は残念でした。
この悔しさ、一生忘れないでもらいたいですね。
そしてみんなに助けられてここまでこれたことも。

親のほうが喪失感でいっぱいですが、子どもは
案外立ち直りが早いように思います。
楽しい中学生活になりますように、お互いに
見守りましょう。
つらいのは私だけではないと勇気付けられ、
思わずコメント寄せてしまいました。
ありがとうございます。
Posted by ゆきだるま at 2009年02月04日 13:29
おつかれさまでした。
ぶーくんもまるちばーさんも本当に。
ゆっくりなさってくださいね。
お父様との日々は、きっと一生の宝物ですね。
Posted by れん at 2009年02月04日 15:44
初めてコメントさせていただきます。
我が家も同じサピックスで同じ志望校でしたので
慌しいながらも時々記事は拝見しておりました。
試験の手応えも同じような感じで もしかしたら
と思っていましたが、我が家も残念な結果になりました。
今年は出願者も増え、厳しかったですよね。
ぶー君、本当によく頑張られましたね。
ぶー君ご家族が励みになって
頑張られたご家庭も多かったと思いますよ。
素敵なご家族ですね。
お疲れ様でした。
Posted by 山手線 at 2009年02月04日 16:34
ぶーくん、まるちばーさん、本当にお疲れ様でした。
これまでの大変な頑張りを糧に、
新しい生活を、より実りあるものにしていただきたいと思います。
まずは心身をゆっくり休めて、
残りわずかになった小学校生活を満喫して下さいね。
Posted by とろりん at 2009年02月04日 19:59
みどりむしさん、

コメント、ありがとうございます。

中学受験の場合、どこの学校も倍率は3倍前後ですよね。ということは、3人に二人は第一志望に不合格となっているのだと思います。

息子も含め、残念だった子供たちには、不合格を胸に、不合格から逃げずに、前に進んでいって貰いたいと思います。

○ッキーさん、

ありがとうございます。

親の方が引きずるのかもしれませんね。
私もたらればは一杯あります。
子供には絶対言いませんが、
またブログにでも書こうかと思います。

れんさん、

コメント、ありがとうございます。

受験の途中では、何度かとても苦しい時があったりしました。『中学受験で子供と遊ぼう』なんてそんな気楽なものじゃないとも思ったりしました。でも全て終った今は、中学受験をして良かった、楽しかったという気持ちの方がずっと強いです。

まずはこの2年間に出来なかったこと、我慢していたことをしたいと思います。

山手線さん、

ありがとうございます。
ブログを書くことも何度も止めようと思ったことがありました。でも勝手に使命感のようなものを感じて書いていました。本当は書くことで吐き出したかったことが沢山あったからだと思います。

一部の方からでも励みになったというお言葉をいただけるのはとても嬉しいです。

お互いこれからも楽しい家庭を築いていきましょう。

とろりんさん、

最後までやさしいコメントをありがとうございます。

息子は随分小学校での生活をセーブしていたと思います。さっそく何件かお別れ会の企画をしているようです。私も早速呑み会の予約を入れましたw

また沢山メッセージを頂き、本当にありがとうございます。必ずお返事を差し上げますので、もう少し時間を頂けたらと思います。
Posted by まるちばー at 2009年02月04日 22:58
お疲れ様でした。
本当に、終わってしまいましたね。

うちの子も第一志望にこだわり、受け続けましたが、だめでした。でも、最後まであきらめずにがんばった事で、吹っ切れたようでした。
合格を頂いた学校に通う事に、気持ちを切り替えて、今は、明るい表情になりました。
でも、この数ヶ月、努力した事はいい経験になったと思います。
この思い出を胸に、子供たちはこれからまた、次の目標を持って、明かるい未来に進むのですね!
ますます楽しみですね!!
息子さんが充実した中学生活をお過ごしになられることをお祈り申し上げます。
Posted by ブロッコリ at 2009年02月04日 23:43
初めてコメントさせていただきます。
息子さん、千葉の学校合格おめでとうございます。楽しい中学生活が待っていますね。
我が家も、第一志望残念組でした。
千葉の方のブログということで、とても近親感がわいて、度々おじゃまさせていただいていました。
まるちばーさんには、勉強方法や教材についていろいろ教えていただきました。手探りの受験だった我が家にとって、まるちばーさんのブログは貴重な情報源でした。親子とも行き詰ってしまった時、まるちばーさんの記事をよんで、どんなに励まされたことでしょう。
いつか、ご挨拶とお礼をと思いながら、こんなに遅くなってしまいました。

これからも、影ながらまるちばーさんと息子さんを応援しております。また、本当にありがとうございました。
Posted by かたつむり at 2009年02月05日 08:29
1年以上前の秋に一度だけコメントを書いた「受験生の母」です。現在子どもは中一生です。子どもの受験が終わった後もぶーくんはどうなったかが気になっていました。
去年、家も2月校にふられました。状況はまるちばーさんとほぼ同じです。その時は親子ともショックでしたが、特に子どものほうはあっという間に入学した千葉の学校に馴染んでいきました。そしてどんどん成長し、大人になっていきます。
今年は入試の前の日に受験生を迎える準備もしたようです。そして在校生たちは新一年生が入学をしてくるのを、それはそれは楽しみにしているようです。
ぶーくんもきっとご縁のあった学校での楽しい生活が待っていると思います。その学校が家の子のいる学校だといいなと勝手に思っています。
本当にお疲れ様でした。




Posted by ゆきのん at 2009年02月05日 08:36
ちょうど一年前に一度だけ相談させて頂いたことがありました。その際はどうもありがとうございました。
まるちばー様、ぶー君の千葉合格おめでとうございます!ぶー君がすばらしい中学生活を送られることを心より願っております。これから始まるのですよね!これからですよね。
毎日、真の言葉でブログを綴って頂き、まるちばー様には本当に感謝しております。ありがとうございました。
我が家はまだまだ色々な問題を抱えておりますが、本人の意志を一番に尊重し、来年度挑戦します。
そして。誠に勝手ではありますが、願わくは、ブログの存続を強く熱望しております。
Posted by ひらら at 2009年02月05日 08:47
まるちばーさん、ぶーくんお疲れ様でした。「12歳の試練」はたった12年しか生きていない子供には本当に酷ですよね。でも、挫折のない人生なんてない、挫折して立ち上がっていく過程で人は強く大きくなっていくのだと思います。くやしさを忘れずに、でもやりたいことを我慢して頑張ったぶーくん、中学に入ったら、よき友人を見つけ、いろいろなことを思いきり楽しんでほしいなと思います。もちろん勉強も。
私自身、クラス落ちして息子の受験をどうしようかと悩んでいる時に、まるちばーさんのブログに出会い、こんなに頑張っているお父様がいらっしゃるんだと励まされてきました。息子はまだ1年あります。ときどきブログを読みかえさせていただきながら頑張っていけたらと思います。本当にありがとうございました。娘の時、中学受験が終わるとす〜っと自立していってしまって、喪失感悩まされました。本当によい時だったのだと思います。親子の素敵な思い出になりますね。暫くはゆっくりなさってくださいね。
Posted by とこちゃん at 2009年02月05日 12:07
以前から 時々
読ませていただいていました。

受験、お疲れ様でした。
お父様が 心身ともに
息子さんをサポートしている
ことに、いつも
すごいな!と 思って
読んでいました。

中学受験をした経験がある
主人も
ホントに人生で
こんなに勉強したことは
なかったかもしれないけど
無駄にはならない
すばらしい経験だったと
いつも 言ってます。
(文だと軽々しく聞こえて
しまうかもしれません、
すみません(>_<))

とても強い 親子さんだなと
思います。
重ね重ね、お疲れ様です!(^^)!

我が家は 今年4年生になる
娘が 中学受験をすると
言ってるので
未来の私たちと
重ねて読んでいた部分が
あり、涙してしまいました。
ブログで 涙したのは
初です^^;
Posted by momonoko at 2009年02月05日 17:13
ブロッコリさん、

ブロッコリさんもブロッコリさんのお子さんもお疲れ様でした。

>この数ヶ月、努力した事はいい経験になったと思います。

やはり受験は最後の追い込みが一番の経験ですよね。子供だけでなく親もそう思います。

私立の中学校は色々イベントも多くていいなと家内と一緒に言っているところです。

かたつむりさん、

ありがとうございます。

また参考にしていただいたと言っていただけて嬉しいです。

同級生ですね。これからどこかですれ違うこともあるかもありませんね。

ゆきのんさん、

暖かいメッセージをありがとうございます。

もうこれから子供はどんどん大きくなっていくのでしょうね。これからが楽しみです。

うちも千葉の学校ですのでもしかしたら、後輩かもしれません。よろしくお願いします。

ひららさん、

ありがとうございます。

中学受験は終りましたが、子供たちの人生は本当にこれからですよね。どんどん親の手を離れていくのは嬉しいような寂しいような不思議な気持ちです。

ブログはもともと来年、再来年の受験生の参考になればと続けてきたものなので、このまま残そうと思っています。

とこちゃんさん、

何時もコメントを有難う御座います。

そうですね、す〜っと親の手から離れていくのでしょうね。私自身は小6の頃はもう親とは殆ど話さなかったので、それを考えると本当に良い思い出になると思いました。

最近は趣味の友人たちとも疎遠になっていたので、徐々にまた自分の世界に戻りたいと思います。

momonokoさん、

ありがとうございます。

うちも殆どのご家庭と同じく、強くなろうとしているだけですwそれでも子供が5年生の頃から、万一、落ちたことを考えてきましたから、もしかしたら少しは準備が出来ていたのかも知れません。

ご主人が中受経験者とは心強いですね。中学受験未経験者にとって、中学受験は想像していた以上に過酷だったと思うので、経験は何より力になると思います。

再来年、第一志望に合格されることを祈念させて頂きます。
Posted by まるちばー at 2009年02月05日 21:27
ぶー君、まるちばーさま、本当に千葉合格おめでとうございます。そして本当にお疲れ様でした。
こんな時に不謹慎と思われるの覚悟で書くと、私は自分の体験に照らし合わせて、かねがね受験て恋愛に似ているな、と思ってます。色々な恋愛感はあると思いますが、相思相愛が幸せの基本ですよね。だから、志望校はどこでもいいわけでなく、まるちばーさまがおっしゃっていたように、行きたい学校でないといけないのですよね。
ぶー君も「好きです」といってくれた相手にめぐり会えて、これから楽しい中高生活がはじまるのだなぁと、勝手にうらやましく思っています。ちょっと甘酸っぱい思いもされたと思いますが、すべての努力や涙はこれからの財産ですよね。残りの小学校生活と新たな生活を心から応援しております。

ぶー君たち先輩方からのバトン、きれいに受け取らせていただきました。また、ゴールの見えない頼りない新6年ですが、結果はどうあれ、がんばったね、と終われるようサポートしていきたいと思っています。
(と気合が入るのは親ばかりで困ったものですが)
ブログで色々教えていただき、本当にありがとうございました。
Posted by さくら草 at 2009年02月06日 00:08
毎日ブログを拝読させていただいていたものです。受験生活お疲れ様でした。

うちの息子も苦しかった受験生活から解放され、残りの小学生生活、好きなことを少しでもさせてあげれればと思っています。

塾と家の板挟みで、1月中旬に塾に行くといって蒸発してしまった息子。1週間ほど、気持の落ち込みは大きく、正直受験できるかわからない状態でした。

1月31日は調子があまり良くない中、塾の激励会に16時から19時までの3時間。
2月1日はAM・PMダブル受験(どちらも押えZ)で体調を崩し(幸いダブル合格)
2月2日は保健室受験
2月3日の本命校の算数の時間に鼻血が出てきてしまい、時間が足りなかった、鼻血が出て少しパニックになったけど、自分なりには頑張ったと。
正直厳しいと思いました。結課は○。ずっと第1志望としてきた学校、行きたいという気持ちが残っていたのでしょう。(最低合格点も72%という高い点だったことにびっくり)
2月4日は少し体調も回復、2日のリベンジに行きました。
結果、2・4日は×でしたが(合格可能性も40〜60%くらいでしたのでややチャレンジ)
最終的にほぼ希望校に進学、また、上には上がいるとの悔しさも味わうことができ、
息子が本当に成長できた1週間でした。



Posted by パパゲーノ at 2009年02月06日 04:26
永い永い時間、お疲れ様でした。
ぶーくんのこの挫折は、とても意味のある大きなものだと思います。なかなか、挫折も経験しないまま大人になって困る人も多いですよね。志望校に合格するよりも後で「あれがいい経験となったんだ・・・」と思えるような大切な経験をしたのかもしれません。まだまだ、これからです!
 ぶーくんは春から楽しい中学生生活がはじまりますね。一皮も二皮もむけたまぶしいぶー君の顔が想像できますね。
Posted by 追っかけ母 at 2009年02月06日 07:05
中学受験生活、お疲れ様でした。そして合格おめでとうございます。

我が家も希望する学校には振られましたが、子供は元気に楽しく
学校に通っています。
神様はその子その子にあった切符を用意してくれているのだと
思えるようになりました。

4月になったらまた忙しい生活が始まります。
それまで、家族皆様ゆっくりゆったり過ごしてくださいね。 
Posted by ひろ(^^) (ピカの母) at 2009年02月06日 08:27
さくら草さん、

ありがとうございます。
受験と恋愛との喩えは『なるほど』と思いました。相手が素晴らしければ、それに合わせた努力をする時もあるかもせませんね。結局無理をしないのが、長続きする秘訣なのも似ているかも知れません。

来年の受験まで結構あっという間かも知れません。頑張ってくださいね。

パパゲーノさん、

パパゲーノもお疲れ様でした。
最後の最後で大変でしたね。
中学受験は本当に最後まで何があるか分からないのですね。

終わりよければすべてよし、ですね。

追っかけ母さん、

ありがとうございます。
人生いろいろだから、面白いんですよね。
子供にとっても家族にとってもとても良い経験だったと思います。

ひろ(^^)さん、

ありがとうございます。
子供って本当に柔軟で、色々な可能性を秘めてるなと思いました。

>それまで、家族皆様ゆっくりゆったり過ごしてくださいね。 

この2年間、家族一人ひとりが我慢してきたことをひとつひとつ実現しているところです。

昨日は次男の希望により、野球盤を購入し、ずっと二人で野球盤をしていたみたいです。  

4日にメッセージを頂いた方へのご返事が大変遅くなっており、申し訳ありません。それ以降にも沢山心のこもったメッセージを頂き、本当にありがとうございます。お返事はもう少しお時間をいただけたら嬉しいです。
Posted by まるちばー at 2009年02月06日 12:47
千葉校の合格、おめでとうございます。
2月校の結果は残念ですが、お疲れ様でした。

ぶー君、立派なお子さんですね。
我が家は来年ですが、仮に第一志望には届かなくとも同じように納得できるよう、親子ともども精進していかなければとの思いを新たにしました。

まるちばーさんがこれまで記していただいたブログの内容は、後輩のわれわれにとって非常に参考になります。
これからも折々で参照させて下さい。

ぶー君もまるちばー様も、そのほかのご家族も本当にお疲れ様でした。
ここで少しゆっくりされて、新たな生活へ向けての鋭気を養われてください。
ぶー君がの新たな中学生活が、充実したものになりますよう、お祈り申し上げます。
Posted by だでぃべあ at 2009年02月07日 14:57
お疲れさまでした。娘も第一志望にはフラれてしまいました。直後は少々つらかったのですが、約1週間がたちずいぶん落ち着いてきました。万全の体調と精神状態で臨めた試験での不合格でしたので悔しさも大きかったのですが、やっぱり何かが足りなかったのでしょう。その何かは努力とか能力とかではなく、もっともっと本質的な何かです。
ムスメはしっかり前を向いて自分の進学校への期待に胸を躍らせています。もうすでに親おいてけぼりですが、そうやって成長していくのでしょうね。

まるちばーさんは何となく戦友のようだな、と勝手に思っていました。この数年間を一緒に走ってこれて楽しかったです。同じ目標を分かち合うことはもうありませんが、いろいろとありがとうございました。
Posted by ろころこ at 2009年02月07日 15:21
だでぃべあさん、

ありがとうございます。

まだ結果が出てから1週間も経っていないのに随分時間がたったような不思議な感じです。

子供も親も今まで我慢してきたことを少しづつやっています。

だでぃべあさんのお宅もついに来年ですね。
ちょっと早いですが、来年の合格を祈念させていただきます。

ろころこさん、

ろころこさんもお疲れ様でした。

そうですね、5年生から始めたところとか似てますよね。

やはりある程度苦しいことがあったから、終ってみて楽しかったと思えているのだと思います。

こちらこそ、ありがとうございました。

拍手の方でコメントを頂いた方々もありがとうございました。

miyaさん、

コメントをありがとうございました。
miyaさんの息子さんも頑張りましたね。
中学に入れば、我々の出番も少なくなってしまうことでしょう。今は辛くともきっと良い思い出になると思います。

東山さん、

塾では結果が全てで良いと思いますが、
家庭は、親は子供が不安なく自己肯定をうけることができる場であるべきだと思います。

Jさん、

コメント、ありがとうございます。
コメントを頂いて、更に息子の成長が楽しみになってきました。有難う御座いました。

あらいぐまさん、そらさん、

ありがとうございます。
Posted by まるちばー at 2009年02月07日 18:39
初めてコメントさせていただきます。我が家は兄(中3)に続き、第一志望、残念な結果でした。二度目の2月3日も辛いです。が、3年経って、兄は、あの辛さも忘れ、第一志望校の文化祭にも嬉々として出かけたりしています。この辛さは一過性のものだと思っています。ご子息の楽しい学校生活をお祈りいたします。
Posted by ゆの at 2009年02月08日 10:19
本当にお疲れ様でした。
おめでとうございます。
昨年、私のつたないブログにもおいで頂きありがとうございました。
今少し迷いもあるようですが、それも含め今後の
成長につながればよいですね。

ご本人も心身ともに疲れていると思います。
ゆっくり体を休められて、残りの小学校生活を堪能されることを祈念しております。

本当にお疲れ様でした。
Posted by yasuogura at 2009年02月08日 14:45
ゆのさん、初めまして

励まして頂き、ありがとうございます。

次男君(娘さん?)にとっては良い見本が身近にありますね。うちの長男も是非ゆのさんのお宅の長男君のようになって欲しいです。

yasuoguraさん、

暖かい言葉をありがとうございます。

yasuoguraさんのお宅のように最後に逆転ホームランが出ないだろうかと何度も思いましたが、我が家は現実と向き合う日々です。

生活のサイクルが変わったためか、1週間前の興奮が凄く昔のようなことに感じられる日々です。
Posted by まるちばー at 2009年02月08日 19:04
もしも息子さんが2/1校進学なら、
わが家の事はお伝えしないでおこう、と決めていました。
おめでとうございます、で最後のコメントにしようと。…。

わが家も第一志望、届かなかった組です。

昨年のあの日、もう二度と来る事のない校門にはめこまれた、
雪で冷たくなったその学校の校章を息子と二人でそっと触り
子供には「「今までありがとう」を言ってさよならしよう」と促し、
自分はその校章に
「あなたを目指したからここまで来れました。ありがとうございました」と心で言いました。
我ながら芝居がかっているな、と思いましたが。

この痛手は、よくいわれるように、桜の花が咲いて若葉になる頃、癒えて行きました。
新しくできた先輩や友人達の中で、子供が輝くように笑っているのを見た時、
また、進学先の担任の先生の、
どうしてそこまで、と思えるほどの細やかで熱心なご指導を頂いた時、
そして熱があるくせに「欠席したくない」と登校したがる子供を
「いい加減にしなさい」とたしなめる事に苦笑した時、
「ああ、この子はこの学校に進学する運命だったんだ。これで良かったんだ。」と
思えるようになって行きました。


ご子息の志望校ご進学、おめでとうございます。

昨年2/3の夕方、第一志望不合格だったのに、
主人が大きな花束とシャンパンを私に用意してくれていたように
PCのこちら側からで、文字だけの事ではありますが
まるちばー様にシャンパンと花束を贈ります。

伴走完走、お疲れさまでした。

(2/11首都圏統一召集日まで待っていました。
お祝い、遅くなりました)


Posted by 鉛筆削り at 2009年02月11日 20:40
鉛筆削りさん、

運気まで頂いたのに、志望校には届きませんでした。

鉛筆削りさんには1年以上に渡り、暖かいアドバイスを沢山頂き、なんと感謝してよいのか分からないぐらい感謝しています。特に落ち込んだような記事を書いた時に頂いた暖かい声援が、ブログを続けていくエネルギーになりました。

息子さんのエピソードの数々は私の心にも残りました。我が家も中学受験を通して、一生忘れられない幾つかの良い思い出を作れたと思います。

本当に最後までお気遣いを頂き、ありがとうございます。

>まるちばー様にシャンパンと花束を贈ります。

確かに頂きました。私も鉛筆削りさんのように、来年中学受験生の親御さんに言葉をかけられたらと思いました。

鉛筆削りさんとご家族のご健勝と益々のご発展をお祈りさせていただきます。
Posted by まるちばー at 2009年02月11日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。