2009年02月19日

『学校に頼らない和田式・中高一貫カリキュラム』

我が家は中学校では塾に通わせないつもりです。

にほんブログ村 受験ブログへ受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。


これは中学受験を始める時から子供に話してきたこと
ですが、

中学受験では
小学校の学習内容と中学受験で求められることのギャップが大きすぎるために塾に行かせるが、

それ以降は基本的に塾には行かせないという方針で
本人も納得しています。

何故塾に行かせないのかはこの記事の趣旨とは違うので、
別の機会に書こうと思います。

塾に行かずに勉強するということは、

学校の勉強をしっかりする他に
自分で市販の参考書と問題集を頼りに勉強する

ということです。

そのことは、長男にも何度か説明してみたのですが、
やはり実際に勉強を始めてみないとピンと来ないようです。

そこで中学生の勉強法について書いた本を幾つか読んでみました。



副題として『東大・京大・医学部を目指す6年一貫校の中学生へ』
とありますが、文体からして、実際は中学生向けではなく、
その親向けに書かれています。

中高一貫校、特に灘やラサール、或いは都内の御三家などの
第一志望に残念な結果で、他の中高一貫校に進学することになった
子供を念頭に置いて書いています。

まさにうちにぴったりですw

内容は彼が主催する
志望校別通信指導緑鐵受験指導ゼミナール
での指導内容を参照しながら、

無理、無駄の無い市販の参考書を使った
英数の先取りプログラムを紹介しています。

彼の推奨プログラムのポイントは
1.英数の2教科を先取り、完成させ、理社は最後に取り組む
2.基礎基本を徹底し、無理な難問対策はしない
3.具体的に推奨する参考書・問題集名を挙げ、それぞれに取り組む期間も示しているため、取り組みやすい

だと思います。

学校のカリキュラム進行を全く無視したこのプログラムを
そのままやるのは、塾に行くこと同様に負担が大きく
継続することはかなりハードルが高い

と思います。

しかし、プロが進める参考書や問題集が分かったことや
中高一貫校での陥りやすい失敗を具体例を挙げて詳しく書いてあり、

それだけでもこれから中高一貫校に通わせる親が読む価値がある
と思いました。

また、中学入学直前2ヶ月に取り組むべき教材についても紹介がありました。

英語は

を勧めてました。これを2ヶ月でというのは結構ハードですね。

拍手する

にほんブログ村 受験ブログへ受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。


【広告】Z会ー『受験・入学直前Book』を無料進呈中

【広告】中学受験の国語力アップなら出口汪の通信制論理エンジン。無料体験あります。

【広告】齋藤孝先生監修の作文通信添削「ブンブンどりむ」。無料体験キットプレゼント




まるちばーへの非公開メッセージはこちらからどうぞ


posted by まるちばー at 12:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前何度かコメントをさせていただいためいです。まるちばーさんのブログにはいつも励ましていただき、最後まで心の支えでした。ぶー君本当に良く頑張りましたね。改めておめでとうございます。最後まで冷静なサポートをされたまるちばーさん、本当にお疲れ様でした。

うちの子供は最後まで元気でしたが、私の方が疲れてすっかり体調を崩しご挨拶が遅れてしまい申し訳ありませんでした。我が家はまさかの繰上げ合格で第一志望にご縁があり、子供はすっかり浮かれていますが、親の方は果たしてついていけるのかと不安です。

そこで入学前に英語と数学を少しはやっておかないとと思っていたらお奨めのテキストが!役に立ちます。ありがとうございます。これから中学に入ってからもブログを続けていただければ本当に嬉しいです。
Posted by めい at 2009年02月19日 21:48
めいさん、

ご子息の第一志望合格、おめでとうございます!

羨ましいです。うちも繰り上げの連絡が来ないかなと待っていましたが、そんな時に限って電話が全くならなかったりします。

親は何時まで経っても不安ですよね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by まるちばー at 2009年02月20日 12:51
入学前や入学後、何に取り組むか…
我が家の場合は息子も親も何も考えなかったので、あとの祭りです(苦笑)
部活三昧で塾にも行っておりませんでしたが、
中3になるのを機にZ会の通信講座を始めました。
数学は何とか大丈夫みたいですが、
英語がわかっていないことが判明、
これから相当頑張らないといけないようです。
「わかってないこと」がわかって良かった…。
大学受験の勉強は個々に任せられている学校なので、
先輩方を見習って、そろそろ自覚してほしいものです。

追伸
息子は先週3年ぶりにインフルエンザにかかりました。
(14歳にして10回目!)
病院はインフルエンザと花粉症の患者でメチャ混みでした。
まるちばーさんご一家もまだまだご注意下さいね!
Posted by とろりん at 2009年02月21日 07:53
とろりんさん、

う〜ん、悩ましいです。
自分がそうであったように、子供には中学校に入ったら自分で考えて勉強してもらいたいと思っていますが、今は親がサポートするのが珍しくないそうですね。

御三家を卒業して浪人中の子を持つ従兄弟からも、軌道に乗るまではサポートを続けた方が良いと言われています。

例えその結果成績が振るわないとしても、親が我慢し続けられるのか、成長をどこまで待てるのか、と言う事ですよね。

お子さんのインフルエンザ、大変ですね。かかりやすいということってあるのですね。うちはインフルエンザにかかった時は入院するほど酷くなることが多いので、気をつけます。
Posted by まるちばー at 2009年02月21日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。