2007年10月29日

サピックスの入室テスト対策

長男は今年初めの頃の
入塾テストで
偏差値50前後を取り入塾しました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。


それまで中学受験対策は
全くしておらず、
学校以外での勉強はというと、
ベネッセの『こどもちゃれんじ』
だけでした。

今年初めのサピックスの入塾テスト
を受験することにして
約1ヶ月間、テストの準備をしました。

理科と社会は何もせず、
国語は本屋で
・1ヶ月で仕上げられて
・簡単なものから徐々に難問になってくるもの
・解説が詳しいもの
の基準で見て



を選びました。

また漢字と計算の練習として


を1ヶ月で2回やらせました。

その時も付け焼刃だと思っていましたが、
改めて考えても、やはり付け焼刃な勉強ですね。

どれだけ効果があったかは
分かりませんが、
長文読解をやった経験がなかった
長男にとっては

長文読解に慣れる

という意味でそれなりに意味があった
かと思います。

ちなみに
算数と社会の偏差値が50以上
国語と理科の偏差値が50以下



トータルで偏差値50前後でした。

入塾後、低迷したことを考えると
ラッキーな部分も多分にあった
かと思いますが、

入塾の基準自体は
平均点270点ぐらいの試験で
120点以上で合格でしたので
かなり余裕がありました。

入室の合格ラインは
偏差値的には恐らく
38、39辺り
となっているようです。

ちなみに
入室テストの結果=最初のクラス

入塾後の成績の相関関係は
かなり低そうです。

長男と同じ頃に
アルファベットの下の方のクラスに
入った子を何人か知っているようですが、
長男をあっという間に抜き去り、
いずれも今はαクラスだそうです。

タイトルと比べて、余り役に立たない記事で申し訳ありませんw

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験関連のブログが沢山参加しており、参考になります。

【広告】Z会から、志望校・併願校選びに役立つ『中高一貫校 中学生活レポート』と筑駒、開成、桜蔭などに合格した方の合格3ヶ月直前の過ごし方を掲載した『中学合格体験記』を無料で貰えます。


posted by まるちばー at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 組分け・マンスリーテスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

入室テストで偏差値50前後をとられたなんてすごいですね。
これは対策のおかげでしょう。

うちは5年夏からの入室です。
それまでは、5年2月から半年、四谷大塚の「通信くらぶ」を受講していました。
でも、自宅での勉強はモチベーションの維持ができず、結局通塾にしました。
入室テスト対策は、しませんでした。
というより、四谷の夏期講習を受講するつもりでおりましたので、サピにしようと思ったときにはすでにサピの入室テストは終わっていました。
それを無理にお願いしてテストを受けさせていただき、入室の運びとなりました。
入室はできたものの、偏差値は50以下でのスタートでした。

前置きが長くなりましたが、
今から考えると、長文に慣れておくこと、ただの計算ではなく一行問題と俗にいわれるような問題をやっておくことは多少なりとも対策になると思いました。

四谷大塚の「予習シリーズ準拠 計算と一行問題集」(サピの基礎トレみたいなもの)のテキストも入室対策にお薦めです。四谷のテキストは校舎で実物をみて購入できますから・・・

入室後は、男の子は特に算数に力をいれることが重要と思われます。(男子校は算数勝負と言われています)
6年になり上位クラスから下降するお子様は算数が苦手なお子様が多いようです。
特に6年からは難度が高くなりついていくのが大変なのが算数です。(「1時間でできていたデイリーサピックスが倍の時間かかる」とは愚息談)
Posted by みみりん at 2007年10月29日 10:03
みみりんさん、

>これは対策のおかげでしょう。
ありがとうございます。1ヶ月の対策としては当たらずとも遠からずだったと信じたいです。

サピって入るだけでも難しいようなイメージがあったのですが、入るのは簡単で要は入ってからどれだけ努力できるかが大きいですよね。

うちの子供は今月に入ってから算数の基礎トレにかかる時間が倍になりました。すでに難しくなってきているようです。
Posted by まるちばー at 2007年10月29日 12:07
はじめまして。小3の娘の受験対策にどこの塾にお世話になろうかと、日々頭を悩ませている者です。
こちらのブログを読ませて頂き、とても参考になっています。この間の入室テストで、とほほの小3Aになりました。あまり上に上がれずに過ごすのなら、他の塾にしたらいいのか・・・と弱気になっています。(やる前から・・・)
一部のよくできる子のための塾かも・・・というお考えを読みました。偏差値50以上を取られた経験から考えて、うちの子のような平凡な成績の子がサピで頑張るポイントって何でしょうか。
Posted by モモ at 2007年10月29日 19:51
モモさん、初めまして

私自身、息子の勉強に真剣にかかわり始めてまだ2ヶ月なのでそれほどサピのことを熟知しているわけではありません。また他塾のことはそれ以上に分かっていません。

ただこの2ヶ月息子と取り組んでみて分かったのは、サピのシステムは極めてコンパクトで合理的だということです。

また要点は確認テストというような形で学習しやすく工夫されています。

そのようなシステムなのでやる気と集中力があり、しっかり宿題をこなしていければ、最初のクラスはたとえ良くなくとも全く関係ないというのが実感です。しっかり宿題をやっていれば、あっと言う間にαの下のクラスぐらいまでは駆け上れると思います。

逆にいうとしっかり宿題をこなせないようなら、サピではどんどん進んで行き、個別のフォローは苦手な塾ですので合わないと思います。息子が言うには、アルファベット下位のクラスの子達は、親に無理やりサピに入れられたので、やる気がおきないと言っている子が多いらしいです。当然宿題もあまりやってきていなかったようでした。そういう子には、サピは合わないと思います。

ただサピでは勉強の仕方(漢字は書いて覚える、分からないところは繰り返し読む、間違ったところは繰り返して出来るまでやるなど基本的な勉強方法)は教えてくれないようです。

なので、最初のうちは親御さんが勉強の仕方を習得したと思えるまでそばについていてあげることが必要だと思いました。
Posted by まるちばー at 2007年10月29日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。